検査成績書 検査成績書48時間の長い時間をかけゆっくりと凍らせた「純氷」。そのしくみは、自然界の氷ができる過程と同じです。 「海水から出来る流氷」も、「濁りがひどい湖の表面の氷」も、「土中の水分から成る霜柱」でさえも、全て不純物を含まないきれいな透明の氷になるのです。 この様な自然界での氷の出来るしくみを応用し、さらに衛生面や品質も網羅した上質な氷屋さんの作る『純氷』となります。
純氷のできるまで
純氷のできるまで:図
  • 1. 原料水(ろ過)純氷の原料水には、水道水を使います。これをろ過することによって、水道水に含まれている大抵の不純物を取り除きます。 また地域によっては天然水を原料水として使う所もあります。
  • 次へ
  • 2. アイス缶・ブライン(不凍液)アイス缶は約1m×0.5m×0.3mの大きさで約135kgの純氷が出来ます。 また、アイス缶を冷やすために使われるブラインには、通常塩化カルシウム溶液が使われます。ブラインの温度をあまり低くすると、氷は早く出来ますが、不透明になるなど氷の質が悪くなってしまいます。そのため普段は-8~-12度に設定され、48~72時間もかけて純氷が作られます。
  • 次へ
  • 3. 撹拌(かくはん)純氷を造るためにアイス缶内の原料水は常に空気によって攪拌されます。すると純粋な水がアイス缶に接している部分から凍ってゆくのです。 しかし攪拌を行わないと、水は表面から凍り始めるため氷の中に空気が取り残されてしまい、半透明の氷になってしまいます。
  • 次へ
  • 4. 吸い取り攪拌を行いながら純氷を造っていくと、段々と中央に不純物(カルキ等)を含む水が凍らずに集まってきます。 この水を全部捨てて、内部を洗浄したあと、再び原料水を入れてあげて、純氷づくりを続けます。
  • 次へ
  • 5. 脱氷(だっぴょう)最後にアイス缶から純氷を取り出しますが、このときに注意が必要です。氷は温度差に非常に弱いので、急激な温度変化があるとすぐにひびが入ってしまいます。そのため一度常温の水に浸してあげてから慎重に氷を取り出すのです。
  • 次へ
  • 6. このように時間と手間をかけて『純氷』が完成します。純氷はあなたの町の氷屋さんで販売されています。 こうして出来た純氷は、一般の氷に比べて透明度で硬い、無味無臭の溶けにくい氷となるのです。その違いは、ウイスキー、アイスコーヒーなどの飲み物に使用した場合によくわかります。